女子ならあるある?! 恋愛、結婚がうまくいかない女子の幸せへの道♡ 寸劇に挑戦!

 

寸劇って面白い!演じることで見ることでキャラクトロジーの理解が深まります

 

未来育プロジェクト活動の中でお伝えしているキャラクトロジー心理学。

キャラクトロジー心理学協会では、
1年の締めくくりにハートインタッチアワードが開催されています。

例年、キャラクトロジーの各キャラクターを題材に
あるあるなことや、実体験を元に各地域で
寸劇動画を発表するのが恒例になっておりましたが

今年は、キャラクトロジー学会に向け
主旨が変更となり寸劇部門が急遽、中止の運びとなりました。

 

子育てサポートをメインに活動している岐阜のメンバーさんたちは
それでも、寸劇を通してキャラクトロジーを伝えたい想いをのせ
動画を撮影されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひご感想と共に完成した動画をご覧ください。

【撮影チームより見どころポイント!】

①実話からベースにストーリーができています

②誰か一人の意見で決めた事をしたのではなく、それぞれのエッセンスで創られた

③最後のセッション場面では本当にセッションが起きた、という事

④作品を作り上げるまでの間に、それぞれのメンバーにも心の傷を超えるプロセスが起きながら、
コミュニティの中で紐解きながら進んで行けた

⑤観ることで恋愛をこじらせてしまう方、パートナーとの関係性をうまく築けない方の
新たな一歩を踏み出すキッカケになる

⑥大切な人とでも家族の様な身近な人との間でも
いつの間にか自分のニーズに蓋をしてしまっている事がいかに多いか?
それがどんなに苦しいのかサチの涙で ハッと気付ける作品です。
(実際、この意見をくれたメンバーは編集しながら何回も泣いたそうです。)

動画をまずはご覧ください

 

 

いかがでしたか?

主人公の女性と同じような気持ちになったことがある女性は多いのではないでしょうか?

 

【恋愛やいざ結婚という場面でこんなことありませんか?】

・自分の食べたいものや行きたい所を言えずに、
 相手に合わせてばかりで満たされず帰ってくる。

・ほんとはこっちのウェディングドレスにしたかったのに、
 お金を心配して格下げして心の残り

・誰にも相談できず、一人でどうしようと悩み、頑張りすぎて身体を壊す

・親や義理の親の意見にばかり従って後悔する

・彼が一緒にやりたいことに全く付き合ってくれない

・いつも自分が悪いんだ・ダメだから好きになってもらえないと自分を責める

・助けを求められない などなど

 

女性であっても男性であっても好きな人との幸せな人生を創ることが
できないのは悲しくなりますよね。

一人ではなく相手あってのことだから
余計にうまくいかないとどうしていいか分からなくなります。

恋愛や結婚において特に自分を満たし、自分を愛することができなければ
相手に愛を感じることはできません。

関係性を心地よいものにしていくには
まずは自分が自分を満たし幸せにするという覚悟が必要不可欠だと
思います。

もしも、自分の子供が将来、恋愛で悩む人生になって欲しくない、
人間関係において上手に心地よい関係性を作れる子供になって欲しいと
親として望むなら子育てにおいて心がけることがあります。

幼いころから十分なスキンシップや
一緒に遊んであげる機会をたくさん持つこと

欲しいと手を伸ばしたものには与え、
ニーズを満たしてあげること

自分で自分の望むことをできるように
子供に自主的にさせながら優しくサポート
してあげること

「ママ~」と来たら、十分に話を聴いてあげること

 

特に6か月~2歳くらいの時期は
十分に子供と接してあげることがとても
重要です。

そして、ママが自分のニーズを満たしていく
姿を見せていくこともとても大切です。

 

恋愛こじらせ女子になりやすいオーラル気質について
知りたい方はキャラクトロジー心理学協会のHPを
ぜひご覧ください。

 

 

寸劇制作チームメンバーのご感想

 

・アワードでの寸劇部門がなくなり『悔しい』という気持ちをしっかりと感じました。 ‎
‎また、主人公を演じることになり、大勢の人に見られる恐怖と不安が‎
‎ありましたが、前日にその感情の心の反応としっかり向き合い‎
‎当日はオープンハートで演じきれました。‎

‎・メンバーの実話をもとに作られた脚本に昔の想いが込められて、‎
‎愛情込めて撮影が出来ました。 ‎
‎脚本の内容から それぞれに感じる事もあり、気付きにもなった。‎

 

‎・去年は脚本と主役をしたので必死だったけど‎
‎今回は撮影をさせてもらい全体的に見ることが出来てよかった。 ‎
‎寸劇は脚本を書く人も役を演じる人も撮影やナレーションをする人も‎
‎それぞれが学んできていることへの復習や確認にもなるので学びが深まり‎
‎ます。 なので、寸劇部門がなくなっても参加する事が出来て良かったです。‎

 

‎・撮影会当日は参加できませんでしたが、脚本を書くという形で参加‎
‎させてもらいました。 ‎
‎私自身がキャラクトロジー心理学を通して‎
‎【自分が変わる、周りが変わる】を体験し、愛や幸せを感じることが‎
‎出来た過程を伝えたい想いで作りました。 ‎
‎何かを創り上げる〈脚本を書く〉ということは苦手にしてきたものでしたが、‎
‎新たなチャレンジをして、その楽しさを感じることも出来ました。 ‎
‎この動画を観た人が少しでも愛や幸せって、いいな。 と思ってくれたら嬉しいです。‎

 

‎・去年のアワードの話を聞いてから今年は撮るものだと思っていました。 ‎
‎なので、参加したり、出演したり、色々する事はスムーズに僕の中に‎
‎入ってきました。 なので、中止の報告が入った時も「いや、撮る‎
‎でしょ。 」って思っていました。 実際の撮影もスルスルっと進みました。‎

 

 

今回の寸劇制作にあたってのストーリー記事が
ブログにも書かれていらっしゃいます。

動画と合わせてごらんください。
大野さんブログ

 

 

 

【子育てママに必ずお役立ち!心を育て学ぶキャラクトロジー心理学】

詳しくはコチラ

 

【開催者のご紹介ページ】

♢大野智子さん

♢上野雅恵さん

 

 

寸劇を見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

心と現実を結ぶ❃trueLife 心のてらこや Naluue

一児(3歳女の子)の現役ママ。 本来の自分育て、人生での志(=真の夢)を現実にする。 恐れを超えて、やったことない事への挑戦ができる自分になる。 本来の自分を生きる楽しい人生の創造への冒険へ導きます♡ 産後育児が劇的に楽になる!ママが自分を育て、子供の心を育む本質育児♡未来のママ・現役ママたちにお届けしてます。

-岐阜, 未来育活動ブログ

Copyright© NPO法人 未来育プロジェクト MeLike Project , 2021 All Rights Reserved.