【お知らせ】STOPいじめ!クラウドファンディング終了まであと5日!!!!

締め切りまであと5日!第2弾 目標まであと少しです!!

 

モーショングラフィックスを使用したいじめ防止シミュレーターを作りたい!
ゲーム感覚で使えるいじめ防止シミュレーションシステムを 全国の小中高校に頒布したい。

そんな思いからクラウドファンディングへの挑戦がスタートし、
ちょうど1か月が経ちました。

たくさんのご賛同の声、関連記事の拡散シェア、
寄付ご支援のおかげで

10月9日(金)よりスタートし
2日目にして 目標であった100万円を達成することができました。

次のなる目標金額200万円目指し、
今現在のご支援金1,804,500 円となっております。

ご支援リターンも ハートインタッチならではの素敵な景品や

キャラクトロジーを広めていきたい講師の方には

山本美穂子さん著書の出版本の数々、ランチ券、講演依頼ができる

豪華なリターンが満載です♡

最終締め切り11月15日!

あと5日、引き続きご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

支援する

 

モーショングラフィックスQ&A

Q. モーショングラフィックスって、なあに?

A. イラストや文字を、音楽に合わせて動かす映像手法です。

 

Q. モーショングラフィックスができることって?

A. 物事の関係性とか、動き方など、複雑な説明を、見てわかる状態にできるのがモーショングラフィックスです。いじめとは「被害者」「加害者」「傍観者」が関係性において何をやっているのか、どういう状態なのか、を目で見て理解することを可能にします。

 

Q. モーショングラフィックスの何がすごいの?

A. 印象力の強さです。
動きと音の両方でメッセージを伝えるため、人の心に的確に情報を届けることができます。

見たほうが早いよね!!
日弁連さんの「裁判員制度10周年」のスペシャルムービーをどうぞ!

 

第1話 モモタロウ裁判 

 

第2話 赤ずきん裁判   

 

第3話 評議室にて

 

誰にでも起こりうる問題だからこそ、大人も子供もいじめを理解し、STOP!!

 

いじめという境遇のなかで、
被害者だけがクローズアップされがちですが、
被害者は加害者を創り出し

被害者、加害者、傍観者という3者それぞれの立場で
子供たちは、大人になってもそれぞれの心の痛みを抱えていきます。

 

 

 

 

また一人で心の痛みを抱えなくてはならない状況が
被害者意識をつくりまたそこから加害者をつくる。

それを見ている傍観者との3者関係が
いじめの構図の悪循環を生み出します。

 

いじめという現実の中で3者それぞれのなかで

何が起こっているのか?

どんな気持ちが生まれているのか?

なぜそれをしてはいけないのか?

 

大人や子供たちが理解し、気持ちに寄り添い
本来のコミュニケーションを取り戻していく
必要があります。

 

こちらもぜひ読んでみてください⇊

【キャラクトロジー心理学協会ブログ】

「いじめの原因と家庭環境と加害者・被害者・傍観者の親が知っておくべき知識と対応法」

ブログを読む

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
村田 成恵

心と現実を結ぶ❃trueLife 心のてらこや Naluue

一児(3歳女の子)の現役ママ。 本来の自分育て、人生での志(=真の夢)を現実にする。 恐れを超えて、やったことない事への挑戦ができる自分になる。 本来の自分を生きる楽しい人生の創造への冒険へ導きます♡ 産後育児が劇的に楽になる!ママが自分を育て、子供の心を育む本質育児♡未来のママ・現役ママたちにお届けしてます。

-お知らせ, 未来育活動ブログ

Copyright© NPO法人 未来育プロジェクト MeLike Project , 2020 All Rights Reserved.