岐阜県立長良高校での開催実現しました!【愛・no・感・謝】ワーク動画をご覧ください 

 

本当のコミュニケーションを一人でも多くの方に!

 

未来育プロジェクトでは、未来を生きる子供たちの「心」を育てる事を目的とし、
人との関係性における本当のコミュニケーションを
育む方法を各種講座や体験型ワークショップで提供しています。

 

新しい時代を迎えようとしている今、
会社や学校、他者に合わせる生き方ではなく
個人の本質や個性を生かし
社会との調和、人間関係の中幸せや豊かさを
築いていく時代になってきます。

 

そんな時代を生き抜いていく時

自分を理解し

自分はどう感じているのか?

人間関係において自分の心の中では何が起こり

どのように気持ちを取り扱っていったらいいのか?

 

 

 

心を育み学ぶ取り組みが
必要不可欠となっていくのではないでしょうか?

そのため、未来育プロジェクトでは小中高学校で

「コミュニケーションの基本の基本」

「心を学び心を育てるワーク」

をお伝えしていく活動に特に力を入れています。

 

 

今回、小学生~全年齢に対して

「本当のコミュニケーション」をまずは知って頂くために

『愛・no・感・謝 〜気持ちの伝え方〜』

を岐阜で活動されている大野智子さんが
未来育プロジェクト代表 山本美穂子さんを講師として招き
岐阜県立長良高校で講演会・ミニワークを開催されました!

 

 

 

・愛を伝えること
・noを言えること
・ありがとうの気持ちを伝えること
・ごめんなさいの気持ちのを伝えること

 

この4つができれば、
子供たちが将来大人になっても必ず、
人間関係を上手に築いていくことができます。

 

 

 

このワークは【乳幼児の頃の他者との関係性における様々な体験からの繊細な非言語コミュニケーション】を通して、
私たちは人格形成がされているというキャラクトロジー心理学®の概念に基づいて設計されています。

 

キャラクトロジー心理学とは

 

 

講演会後の感動秘話

 

「愛・no・感・謝」が開催された様子をいち早く見たい方
楽しみにしてくださっていた方、お待たせしました!!

早速視聴したい方は、こちらからご覧ください♡

すぐ視聴する

 

 

 

未来育ライターチームの浦野香絵さんが
講演会を主催された大野智子さんへ素敵なインタビューをしてくれました!

 

 

【開催の経緯・エピソード】

 

当日はどんな様子でしたか?

 

終了後、美穂子さんがいる校長室に「苦しかった理由がわかりましたぁ!」って、
半泣きの女の子たちが飛び込んできて…。
その姿が、本当にキラッキラしていて、改めて開催できて良かったなぁと思いました。

後からうちの娘に聞くと(*娘さんは在校生)
「男の子たち、カチっと固まってたよ!!!」とのこと。

今回は高校生対象という事でデートレイプについての言及がありましたので、
無理もないかなと思います。

でも実際…そんなに好きじゃないのに交際して、
NOを言えずに流れで行為に及んでしまう女の子たちがいて、
その時に、深い所で傷つき将来苦しむのは、男の子たちの方なんですよね。

だからやはり、このタイミングで聞く必要性があるかなと思います。
「せっかくお母さんが頑張って呼んだ講演会なのに、男子に響いてなかった!」と気をもむ娘に、
私の夫がこんな事を言いました。

「美穂子先生の話は、今のお前たちが100%分かる話じゃない。
将来困った時に思い出すための話なんだ。
これを知ってる子と知らない子では、困った時に出せるカードがあるかないかの差になるんだ!」
講演を聞いてない夫、謎のナイスコメント(笑)!
でも本当にその通りだなぁと思います。

 

 

学校やPTAの逆風はありませんでしたか? 企画から開催までの経緯を教えてください!

 

今思えば、10年前に立てた「子供を守る」意図と、
その先に広がったご縁があっての今回だったなぁと思います。

10年前の私は、できればPTAの役員なんてやりたくない方でした。

ところが下の子の入園式の日。式の後予定外に「これから役員決めです」と始まって…。
もうすぐ小学校から上の子が帰ってきてしまう!
子供が家で一人になってしまう!
子供を守りたい!
その一心で「私がやります」と引き受けてしまいました…。

が、実際に始まってみれば人に恵まれ仕事は楽しく、
小中高と何かしらの役員をさせていただきました。

なので、今回の講演会を提案をした時も
「いつも役員をしていてくれた大野さんの言うことだから」と
自然に受け入れていただき、逆風は特にありませんでした。

「子供を守る!」という10年前のあの日の意図が、
月日を経て「子供の心と体を守る講演会」として
形になったのではないかなぁと思っています。

もし、いつか我が子の学校で講演会を開催したい!
とお考えの方がいらっしゃいましたら、
勇気を出して早いうちに、役員さんを引き受けてみてくださいね。

 

 

提案の際、具体的にどんなアプローチをしましたか? 今後開催したい人へのアドバイスをお願いします。

 

まず最初に、今の社会背景を引き合いに出して「なぜ必要なのか」
という前提から切り込んでいくことをお勧めします。

私は「AI時代」を前提にお話しをしました。

AI時代は、個性を発揮できる人しか職を持てない、
ITによる人間関係の希薄化など、
親世代の価値観で育てても全く生き抜けない社会が、
すぐそこに待ったなしの状態で待ち受けています。

「じゃあ、どうしたら幸せになれるの?」

「どうしたら生きやすくなるの?」

その答えが「心の仕組みを知ること・本当のコミュニケーションを知ること」である
と言う風にアプローチしました。

心理学・コミュニケーション術というキーワードを出すより先に
まず「これからの社会において、子供達が生きやすくなるとしたら何が必要?」
という問いかけをしたことで、先生方や保護者の皆さんの心に届いたかな、と思います。

もう一つ、私が意識して行ったのが、SNS発信の充実です。

もしうちの学校の関係者の方が
「未来育って、どんな活動をしている団体なんだろう?」
「山本美穂子さんって、どんな人なんだろう?」と

私のSNSを見た時に、
その答えが十分に得られる状態にしておきたいと思ったのです。

なので、自分が開催した講座について記事をアップしたり
みらいく会員さんの活動や美穂子さんの活動をシェアするようにしていました。

 

生徒のみなさまからの声

・今までずっと人間関係の中で「苦しい」と感じてきたことの理由がやっとわかりました。

・NOの伝え方、「ごめんなさい」の言い方、当たり前のことなのに正しくりかいできていなかったことに我ながら驚きました。

・これはきっと世の中の先生や大人たちにも必要な知識。日本中の人たちに知って欲しい。

 

 

未来の子供たちに幸せな関係性のつくり方を伝えていきませんか?

 

講演会動画・大野智子さんのインタビューをご覧になり
いま、何を感じていらっしゃるでしょうか?

 

大人も子供もただ知らないという状況の中で
心の混乱、自分を一人にしてしまう場所を創っている。

 

こうしたらいいんだと「知らなかったことを知るに変える」ことが
お友達との関係性・家族・大人たちとの関係性のなかで
”今”混乱している子供の救いとなり
これからの人生の生きる希望となっていくのではないでしょうか?

 

まずは、ご自身が気持ちの伝え方を学びたい
家庭の中で実践してみたい!
学校の生徒さんたちに届けて行きたい!

 

そんな思いがほんの少しでもあるならぜひ、

未来育プロジェクトの仲間になって
「愛・no・感・謝」ワークを学んでみませんか?

詳細・お申込みはこちら

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
村田 成恵

心と現実を結ぶ❃trueLife 心のてらこや Naluue

一児(3歳女の子)の現役ママ。 本来の自分育て、人生での志(=真の夢)を現実にする。 恐れを超えて、やったことない事への挑戦ができる自分になる。 本来の自分を生きる楽しい人生の創造への冒険へ導きます♡ 産後育児が劇的に楽になる!ママが自分を育て、子供の心を育む本質育児♡未来のママ・現役ママたちにお届けしてます。

-岐阜, 未来育活動ブログ

Copyright© NPO法人 未来育プロジェクト MeLike Project , 2020 All Rights Reserved.