【ご報告】伊予銀行創業130年記念環境基金エバーグリーン助成金贈呈式

 

 

未来育活動に初の助成金を頂きました

 

伊予銀行さん(愛媛県松山市)の創業130年記念企画・環境基金「エバーグリーン」に、
未来プロジェクトの応募事業が採択され、

121日に
松山市内にて贈呈式が行われ、山本美穂子代表が出席されました。

 

・未来育フリースクールプロジェクト
・愛ビーチクリーン活動
・子供たちのための絵本製作プロジェクト事業に対して
助成していただき

「こどもたちのための絵本製作プロジェクト」も始動できる運びとなりました。

「〜海をまもり、海に学び、海と対話する〜こどもたちのためのエバーグリーンスクール」と題し、
ビーチクリーンを広める絵本づくりが展開されていきます。

 

 

 

 

 

 

今回、助成金を頂ける運びとなったのは、

2017年より
山本美穂子さんの愛の手によりスタートした松山での愛ビーチクリーン活動の実績。

 

ゴミだらけの海から、笑顔が戻る海へ。

人々の原風景となる美しい海を未来に残そう!という想いが繋がり
地元の人たち、遠方から訪れた人たちの愛の輪が広がりました。

 

見渡せばゴミしか目につかない海辺が
気付けば、ゴミを探すほうが大変になり
赤ちゃんが浜辺で遊ぶ様子や若い人たちが愛を育む風景、
家族の笑顔が見られるようになりました。

 

 

 

積み重なった数々の実績が認められました

 

未来育プロジェクトの活動の背景には、

山本美穂子さんが積み上げた功績があります。

15年以上かけ自分を癒すことを探求し
その過程において生み出されたキャラクトロジー心理学。

人生に行き詰った人たちが、自分の取り扱い方を学び
理解し人生を変える体験から、このメソッドを伝える側になりました。

 

 

約7年の歳月を経て、全国にキャラクトロジー心理学を教える
100人以上の仲間が増えていきました。

 

その基盤があったため、NPO法人を立ち上げる際も
その目的に共感し、活動を始める人たちが50人以上集まりました。

 

今年は、オンラインフリースクール活動も始動し
松山市でフリースクール協議会の方たちとも連携しています。

 

愛ビーチクリーン活動においては、県の土木課と連携し、
月に1度ゴミの収集をしていただいていることも
多大な実績の一つとなりました。

 

ひとつひとつゴミを拾う傍ら、
地域と連携し海に沈む船を2年かけて撤去。

浜辺に置き去りにされる犬のフン害に対しても
県に掛け合い、フンの始末に関しての立札をたて環境改善も行ってきました。

船の引き上げに至っては

数年前に日本に大きな被害をもたらした台風により、
松山の海でも船は沈み持ち主すらわからなくなりました。

誰が沈んだ船の責任を取るのかもわからず、

地域の自治体や組合も県や市に働きかけていましたが、
船を引き上げる作業は、難航。

 

 

しかし、山本さんは、美しい海を取り戻すため
諦めることなく、県や市が直接取り合ってくれないのならと
友人のネットワークから議員さんに動いてもらいました。

 

そして、2年かけ、船の撤去を
ビーチクリーン活動の一つとして成し遂げました。

 

ゴミを地道に拾いながらも
多くの人たちと手を取り合い、力を借り、
連携して大きな環境改善に取り組まれてきました。

その結果、小さなことから大きなことまで
この度、多大な実績として認めて頂くことができました。

 

 

私たちの活動に対する想いを受け取って下さり、助成してくださった
伊予銀行様に心より感謝申し上げます。

 

 

これからも未来の子供たちのために美しい環境、喜びある世界を
残すことに様々な活動を通して励んでいきたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

心と現実を結ぶ❃trueLife 心のてらこや Naluue

一児(3歳女の子)の現役ママ。 本来の自分育て、人生での志(=真の夢)を現実にする。 恐れを超えて、やったことない事への挑戦ができる自分になる。 本来の自分を生きる楽しい人生の創造への冒険へ導きます♡ 産後育児が劇的に楽になる!ママが自分を育て、子供の心を育む本質育児♡未来のママ・現役ママたちにお届けしてます。

-未来育活動ブログ

Copyright© NPO法人 未来育プロジェクト MeLike Project , 2022 All Rights Reserved.