【愛ビーチ活動】癒しの松山の海アルバム ~コロナ禍で起きている奇跡~

愛ビーチクリーン活動が始まったころの海

今から6年ほど前、、、

浜辺はプラスチックゴミが散乱し、遠くから流れ着いた
大きなプラスチックも打ち上げられていた。

 

打ち上げられるゴミたちを見れば
間違いなく利便性だけを考えられ作り出された
人間たちのエゴの塊。

 

 

以前、家族で松山に訪れた時、ビーチクリーンに参加しました。

家族3人で浜辺を歩くと、すぐにビニール袋はいっぱいになり

ビーチクリーンで集めたごみの集積場は蓋が閉まらず
ゴミ箱の周りにも積んでおくほど、

毎日、浜辺に打ち上げられるゴミは
減る気配を見せませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜辺は少しずつ、愛の輪が広がり美しさを取り戻してきた

 

2017年 7月

「人の手によって放たれたものは、
人の手によって回収し元の姿に戻してゆこう」

 

「両手に持てるだけのゴミを毎日拾おう」

と愛ビーチ活動が未来育プロジェクトを立ち上げた

山本美穂子さんの手から始まりました。

 

一人の愛の活動から、愛ビーチクリーンの輪が広がり

浜辺近くに創設されたヒーリングセンターに通う生徒たち、

浜辺を訪れる人たちの地道な活動により

見違えるようにきれいになっていったのです。

 

 

 

さらなる奇跡と美しき光景

 

 

2020年、買い物ビニール袋が有料化となり
お買い物をする際、エコバックを持つことが
定着してきました。

 

そして、2020年に差し掛かる頃

コロナが世界に広がり

マスク着用、ソーシャルディスタンス、

緊急事態宣言により自粛など

私たちの生活にもたくさんの影響が出ました。

 

 

 

多くの制限の中に閉じ込められたような感覚や
命が落とされる悲しい出来事、

 

 

私たちの心も揺さぶられ様々な心の反応に
飲み込まれたことでしょう。

 

 

そのような状況下でも, コロナ禍を通して

今までのライフスタイルや考え方が変わったり

”本当に幸せな人生を歩んでいくためには?”

と本来のあるべき姿に意識が向いた方も

多くいらっしゃったのではないでしょうか?

 

 

 

この世界は、陰と陽 どちらかが欠けることはなく

陰陽のバランスがあって一つの世界。

 

 

 

人間界では一見、
コロナにより影のような世界をみていたかもしれません。

 

 

一方、自然界では、光の世界が広がっていました。

 

 

 

 

毎日のように浜辺の変化を見ている
山本美穂子さんによると

 

ビニールが有料化され、

コロナ禍で歩く人が激減したのと同時に

浜辺のゴミも一気に激減し

今では、落ちているゴミを見つけるほうが稀だと!

 

 

 

 

あんなにも終わりなきゴミの山だった浜辺には
美しい姿が蘇っていたのです!!!!!

 

 

(わんちゃんもゴミ拾いをお手伝いしながら

気持ちよく浜辺お散歩♪)

 

 

 

【見ているだけで癒される松山の海】

 

 

 

 

【夕暮れは彩鮮やかな夕空を見せてくれます】

 

 

愛ビーチクリーンが始まってからの6年の間の変化を通して

人の手が闇にも光にもなることを見せられた気がします。

 

 

例え、コロナ禍が終息を迎え

人がまた外の世界に自由さを取り戻したとしても

こうした自然界がみせてくれた教訓を忘れずに

一人一人が地球の美しさを保ち
自然と共存する心を忘れずに

美しい浜辺に
笑い声と癒される心だけが戻ることを祈っています。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

心と現実を結ぶ❃trueLife 心のてらこや Naluue

一児(3歳女の子)の現役ママ。 本来の自分育て、人生での志(=真の夢)を現実にする。 恐れを超えて、やったことない事への挑戦ができる自分になる。 本来の自分を生きる楽しい人生の創造への冒険へ導きます♡ 産後育児が劇的に楽になる!ママが自分を育て、子供の心を育む本質育児♡未来のママ・現役ママたちにお届けしてます。

-未来育活動ブログ

Copyright© NPO法人 未来育プロジェクト MeLike Project , 2021 All Rights Reserved.