自分の中に眠っているトラウマを知り、現実の不具合を変えていこう

 

6月8日、SAS(セルフアウェアネス・スキル)の体験会が

オンラインで開催されました。

https://resast.jp/events/445419

 

このSASとは、自分が実は持っていた精神的トラウマに気付き

インナーチャイルドの誤解を解くカウンセリングスキルです。

 

提供させていただいたプラクテショナー(カウンセラー)側も、

そしてお申込みを下さった方々も全国各地から参加。

 

受けて下さったそれぞれの方が、

自分の現実に起こっている不具合が

パターン化されて今まで繰り返されているということに気付き

 

その原因の根となっていたのは

自分が本当に小さな子供の頃のトラウマだった

ということをまず理解・納得することができ

 

この事実を大人の意識で受け止めながら

実はそのトラウマの場所に隠されて眠っていた

自分の本質があったということを知り

 

では、その本質の方を使って生きるには?という

次の新たな段階に進むスタート地点となる

セッションをご体験いただけたのではと思います。

 

今後も対面または同じようにオンラインの形で

SASの体験会を定期的に提供していく予定です。

 

 

 

 

 

※私が提供した方からセッション後に頂いたご感想です

【埼玉県在住/30代女性/N様】

本日はSASの体験を受けさせていただきありがとうございます。

途中でZoomへの切り替えが手間取り、ギリギリまで時間の延長までしていただき、なんとお礼を言ったら良いか分かりません。本当にありがとうございます。

体の感覚や、体の感覚にまつわる感情を感じるのに何故こんなに難航するのか自分でも不思議でしたが、SASが進むにつれて、これまで忘れていた、感情を抑えて我慢するルーツの体験を思い出して、こういう事か、と驚きつつもとても納得しました。

感情を我慢する事が当たり前になっていたな、と感じます。

美有紀さんのサポートのもと感覚・感情・思考を洗い出さなかったら、同じミスを繰り返す困り事と、今回思い当たった昔の体験が関連している事に気付けませんでした

ロウアーに負けそうな時も、バウンダリーのお話で落ち着くことができました。

信念体系を外した時に出てきた、腰から背中にかけての鋭い痛みも、今はすっかりなくなっています。

子供の頃すごく怒っていた体験から、実は私にもエッセンスがあると分かり、とても嬉しいです。統合後、下半身の感覚が戻ってきた事にも驚きました。

今回作っていただいたアファメーション2つも、唱えると自分に力が戻ってくるような心地がして、噛み締めるように唱えながらこのメールを打っています。

これから何度も唱えて、この心地良さを味わっていきたいです。

本日は、本当にありがとうございました。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
河野美有紀

河野美有紀

1977年生まれ・愛媛県松山市在住。 2016年からは、日本で初めて、ヒーラーが医師とチームを組み、病気の患者の治療を行う「ヒーリングと医療のコラボ」を実現させた一般社団法人HITキャラクトロジー®心理学協会認定のヒーラー/講師/プラクテショナーになり、千葉県のクリニックにカウンセラーとして研修にも参加。 10年以上の癒しの探求と道のりの後半、プロとしてセッションを提供し始めてから行った個人セッション数は1,000回以上。 現在、LINEの公式サービス【トークCARE】にてカウンセラーとして電話カウンセリングも受付中。

-未来育活動ブログ

Copyright© NPO法人 未来育プロジェクト MeLike Project , 2020 All Rights Reserved.